ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の種類・数は?

仮想通貨の種類・数は?

仮想通貨は、世界中に1,500を超える種類・数があります。しかし1,500を超える種類・数全てが、安全であるという保証は一切ありません。脆弱性のあるものや詐欺コインと呼ばれるものも含まれている為、日本の取引所で取引を行う場合、金融庁の許可が必要となります。つまり、日本の取引所で取引が行える仮想通貨は、金融庁のお墨付きを得ていると考える事が出来ます。そこで、安全に仮想通貨の取引や運用を行いたいという場合には、金融庁の許可を得ている種類を選びましょう。


2018年現在、金融庁の許可を得ている仮想通貨は14種類です。1,500を超える種類・数がある事を考えると、日本で取り扱われているのはごく僅かです。ただし、どの日本の取引所でも、14種類全てが取り扱われているという事はありません。そのうち7種類だけ取り扱っている取引所もあれば、5種類に絞り込んで取り扱っている取引所もあります。その為、事前に購入したい仮想通貨の種類が決まっているという場合には、それを取り扱っている取引所を選ぶ事が重要です。


初めて取引や運用を行うという方も、14種類のうちいずれかの仮想通貨を選ぶ事をおすすめします。何故なら金融庁の許可を得ている分、他の種類よりも圧倒的に安心・安全に取引や運用が行えるからです。決していきなり日本の取引所で取引が出来ない種類を選んで投資をするといった、ギャンブル的な行動は控えるようにしましょう。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加