ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 暴落 1月の原因は?

仮想通貨 暴落 1月の原因は?

仮想通貨1月に暴落した原因と考えられるのは、コインチェックNEMの盗難事件があった事が考えられます。これはNEMだけのことではあるのですが、仮想通貨全体にわたっての信用が低下するという事を危惧させて一気に暴落という事になりました。


これは、NEMだけの問題ではないという事が考えられたからだと思われます。盗難されたこと自体が問題なのは当然ですが、別の取引所でも似たようなことが起きる可能性は十分にあるという事がこのことで分かったので、一気に全ての仮想通貨で価値が暴落するという事になったわけです。これは、仮想通貨の取引システムが出来てまだ間が無いという事も関係していたという事が言えるでしょう。


何しろ仮想通貨は出来てから間がない通貨ですから、信用も実績もほとんどありません。そのため、何かあればいつでも下落することになるという危険性を常に持っている事になります。価値の補償がどこにも無いわけですから、一度悪材料が出れば一気に暴落をすることになるという性質を常に持っていることになります。株のように実体価値がある程度掲載できるわけでも無く、目にも見えないわけですから、その価値を決めるのは取引をする当人同士のみという極めてあいまいな判断基準によって取引されている通貨という事になるので、これが暴落になった原因と考える事も出来ます。引き金を引いたのは、コインチェックの盗難事件ですが、既にその土壌はあったという事です。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加